FC2ブログ
ヨーロッパ恋愛紀行
恋愛心理学小説
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの大学にて
欧米女性から見て、日本人男性は魅力ありますか?

アメリカの大学で恋愛心理学の研究室にいると、必ずこの質問がくる。日本人女性が欧米男性とくっつくのは珍しくもなんでもないが、それに比べて日本人男性のほうは欧米女性の間ではあまりパッとしないのが現実だ。

「ことばの問題があるから」「やっぱり白人とは違うから」「体格が違うから」・・・もっともらしい説明でごまかしていたが、実際なにが問題なのか僕にもはっきりしない。アメリカの大学院生の常として、僕も例外なくまじめに研究するタイプであり、このような重要課題を曖昧なままにしておくなんてことはできない。
とはいっても、このような人種がからむ問題はアメリカ心理学会ではタブーなトピックであり、アメリカ人はこんな研究はやりたがらない。もちろん研究論文など見つけられるはずもない。つまり学術的には未知の分野なのだ。ならば自分でフィールドに出るしかない。まじめすぎる僕は早速、英語のマッチ系サイトに会員登録し、大学にはフィールドリサーチの企画書を提出した。
そして2ヶ月後、ヨーロッパ行きの飛行機に乗っていた。

mid_euro1


マッチ系サイトを2ヶ月もすれば、親しいメル友以上の関係になる女性は何人かできるものだ。というより、2ヶ月もメールが続く相手であれば、ある程度の信頼関係ができているはずだと言った方がよいかもしれない。今回の東欧・中欧に限定した作戦は、2ヶ月ほど経過した当時、チェコ・トルコ・ポーランド・ルーマニア・オーストリア・ハンガリーにメル友の女性がいた。しかし同じ東・中欧エリアとは言ってもこれらの国々は広く分布しており、これら全部の国を回るのは大変なことだ。それに加えてもっと難しいのは、彼女たちの予定に合わせてスケジュールを組むことだった。今回は全員大学生・大学院生だったが、ヨーロッパの大学は日本と違って忙しい。それに学校のテストやセミナーが不定期に入ってきて一週間先が読めないのがヨーロッパの女子大生だ。そんな彼女たちの予定を聞きながら旅行日程を建てるのはかなり大変な作業である。それだけじゃない。いくらメールで仲良くなっても、ドタキャンを常に考慮して計画を建てなければならない。予備コースも必要だ。彼女たちのメールから予定の確かさを見抜き、もちろんノリが良さと信頼性などをすべて考慮した結果、今回は距離的にそんなに遠くない中欧三都市~プラハ・ウィーン・ブダペスト~をまわることに決めた。

各都市は電車で5~6時間の距離にある。これなら時間を無駄にすることなく10日もあれば十分まわれる。会いに行く女性は4人で、1人当たりの予定は1~4日だ。この日数は妥当であろう。メールの時点ではかなり信頼おける女性と思っても、約束の場所に来ないとか、実は存在さえしなかったという可能性も否定できない。これがインターネットの怖さであり、更に国が違うとここらへんの読みは相当難しい。さまざまな人種があふれる北米で何年に渡って心理学をやってきたから、世界の女性の本心を読むことに関してはある程度は自信があったが、さすがにメール交換だけでは完全に読み切ることはできない。もちろん万全を尽くしてホテルはしっかり取った。これでもし現地で問題があってもホテル探しに時間を取られることなく十分に対処できるはずである。できる限りの準備をして、最後に4人に熱いメールを送り、アメリカからヨーロッパに向けて飛び立った。

まずスペインの元彼女のところに数日間滞在し、感覚をヨーロッパ式に切り替えてから中欧に出発だ。三都市の真ん中にあるウィーンまでの往復フライトチケットを買って、そこから北はプラハ、東はブダペストまで電車で移動する。最初はチェコのプラハに3泊。その間、2人に会う。次がハンガリーのブダペストだ。そこでも3泊する予定。そして最後がオーストリアのウィーンだ。そこで4泊。本当は地理通りにウィーンを真ん中のスケジュールにもってくる予定だったが、ウィーンの彼女に急用ができたためしょうがなく最後にまわした。結局、チェコ・ハンガリー・オーストリアの順でメル友の彼女たちに出会っていくことになった。

プラハ1日目に続く・・・






スポンサーサイト

テーマ:国際恋愛 - ジャンル:恋愛





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。